MOB CHANNEL

ネットの片隅のヒトリゴト。

なぜ「スペアタイヤ」がなくなったのか

f:id:mob-channel:20151021095842j:plain

 あなたの車、スペアタイヤ積んでますか?比較的新しい車だとかなりの確立でスペアタイヤを積んでいないはず。かわりに「パンク修理キット」というものが付いているはず。なんでスペアタイヤがなくなったのか、気になりませんか?

 

環境に優しくないスペアタイヤ

f:id:mob-channel:20150718015743j:plain

 スペアタイヤとは「パンクした際に緊急で履くタイヤ」なわけですが、実は使用されるされないに関わらず年間5,900万本※1というびっくりするような本数が破棄されているといいます。ほとんどは使われぬまま廃車になる際に取り外され別途破棄されます。もったいないし環境にも優しくありません。

※1 ブリヂストン調べ

 

 一部では環境を無視し架空の数字だけを考えていたメーカーもありますが、業界全体的には環境のためできうることをやっていこう、というスタンスに変わっています。そのためにどうしていったらいいだろうの中で一番簡単なことは「スペアタイヤを積まない」だったのです。

 

パンクしない工夫

f:id:mob-channel:20150718020343j:plain

 昔に比べ道路や舗装の質も上がりパンクをするということが極端に減りました。万が一パンクしてもある程度の距離を走り続けることのできる「ランフラットタイヤ」というものも活躍しています。最近では「パンクのないタイヤ」というものも実用化に向け開発が進んでいます。

 そういった側面からも「スペアタイヤを積まない」という選択をしやすくなっていた。さらにはタイヤを積まないことにより車重が軽くなり燃費が良くなるという利点も。

 

パンク修理キットは使わない!

f:id:mob-channel:20151021093223g:plain

JAF|メカニズムの基礎知識|タイヤパンク応急修理キットとは?

 じゃあパンクした時は「パンク修理キット」を使って補修するのか。個人的な意見を言えば「しないほうがいい」と思います。パンク修理キットというのはパンクしたタイヤの中にベトベトした補修材を吹き込む仕組みになっています。そのベトベトが後々厄介なのです。

 パンク修理キットを使用して補修しタイヤを交換できる場所まで着きました。そこまではいいのですが、そのあと。そのベトベト、交換の際どうするでしょう?掃除しなきゃいけないんですよね。もちろん料金が発生します。手間がかかりますのでそれなりに。タイヤがパンクしてお金がかかる…の上乗せでその料金まで。凹みますよね。

 

JAFを使え!

f:id:mob-channel:20151021093904j:plain

JAF | JAFのWebサイトに対話型の“ナビゲーター”久留間まもり誕生!

 パンク修理キットを使わずに、どうすればいいの?それは「JAF」を利用するんです。年会費4,000円(初回は入会費込み6,000円)はかかりますが、何かあった際に無料で対応してもらえる。この安心感を買うと思えば安いと思います。会員以外は1回につき1万円程度が請求されます。古い車に乗っている方は是非入っておいた方がいいと思います。

 パンクの際のレッカー移動はクルマの保険でカバーできるからいらない!と思っていませんか?私もそうでした。でもクルマの故障(日産PAOで2回…。)でそれを利用した時にかなりイヤな思いをしました。

 クルマの保険の場合は提携した修理業者が来るのであまり丁寧でない扱いをする業者もいます。汚い作業服で乗り込んでシートが汚れたりすることもざら。それからはプロフェッショナルなJAFのほうが安心だろな…と。ほんと業者のヤツらクソだろ!

 

 環境性能云々というよりも積んでいてもそれを装着できるユーザーがあまりいなくなった、というのも大きいのかもしれません。一応教習所等では習うものの、実際に付け替えたことがあるか?となるとほとんどの方がないと思われます。なので意味をなさなくなったんでしょう。こうして「スペアタイヤ」の役目は終わっていくのです。