読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOB CHANNEL

ネットの片隅のヒトリゴト。

NFCだのFeliCaだののこと 財布の中のカードを減らしてみた

f:id:mob-channel:20160221131851j:plain

日本のピってするやつはFeliCaだけど世界的にはNFCになってるらしい。でも日本の駅などではNFCの読み取り速度では瞬時に対応できずFeliCaでないとダメだということ。そういう差があるんですね、同じようなものでも。

 

getnavi.jp

携帯電話時代はFeliCa対応の機種を使ったことがあるけど今はiPhoneなのでほぼ無関係。新しい機種はNFCに対応してるけど国内だと家電、スピーカーなどでの接続にしか使わなそう。スマホでのFeliCa対応はコスト的にグローバルな端末開発を考えると減っていくらしい。

となるとICカードでしか使えなくなるわけだけど、これ以上カード増えるのイヤ。財布の中身のカードを減らすべく、まとめられるだけまとめられればと実践してきたことをまとめます。

 

 

Suicaとゆうちょキャッシュカード

f:id:mob-channel:20160221123639j:plain

電子マネー搭載キャッシュカード−ゆうちょ銀行

ずっとSuicaをどうにか出来ないか考えていたんですけど東京から栃木に戻ってほとんどSuica自体を使わなくなった。なので定期とか使ってるとお得なVIEWカードを考えていたが却下。その他クレジットカードにSuicaが付いてくるものも検討したけれど、これ以上クレジットカードが増えてもなとたどり着いたのがこの「ゆうちょICキャッシュカード」でした。

ただひとつ問題なのはゆうちょのキャッシュカードなのでSuicaと一緒だと表に出す機会が増えてなくすかもしれないということ。それさえクリアできる方法があれば誰でも持っているであろうゆうちょ銀行のキャッシュカードなのでアリなのかなと。

 

ゆうちょICカードは発行料がかからず無料で変更できるのもポイントが高いと思われます。

 

最強クレジットカードガイド2016  本当にトクするカードの選び方・使い方 (角川SSCムック)

最強クレジットカードガイド2016 本当にトクするカードの選び方・使い方 (角川SSCムック)

 

 

 

Edyと楽天カード

f:id:mob-channel:20160221123647j:plain

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

Edyは以前の仕事場の近くにあるコンビニが「am/pm」しかなくて作りました。Edy自体が気になっていたのもありましたが。その後Edyが付帯するカードをいくつか持つことになるのですが(ANAカードなど)、結局は一枚しか使わないしまとめることも出来ないしで使い切ってから奥底に保存してます。

Edy自体使う機会も減ったのですが、無料でクレジットカードに付いている分にはいいのかなと最近楽天カードをEdy付きのものに変えました。とりあえず二枚が一枚になったので良しとします。財布の中のカードが減ったので…。

 

 

その他のカード

FeliCa関連のカードだけでなく、その他の財布の中に入っているカードも減らしています。

今ってとにかくポイントが付くカードが多すぎる。Ponta、nanaco、waon、Tカードなどなど色々あるけどそれぞれを持つことでポイントも分散して結局たいして貯まらない。なのでPontaしか使わないようにしました。その他はクレジットカードのポイントでポイントを貯めると。コンビニは基本ローソンしか使わないようにしてます。

 

 

クレジットカードも以前のメインはJALマイレージバンクのPontaクレジットカードを使っていたのですが(陸マイラーってやつですね)、全然貯まらなくなったので辞めました。VISA、JCB、マスターカードブランドの3枚に絞ってその他は退会。auウォレットもVISAのクレジットカードと一緒にしてポイント2倍にしたし。

利用する銀行も絞って財布の中のキャッシュカードを整理。給料振込用の銀行、ATMが無料で使える銀行、しっかり貯めておくための銀行(投資などができるもの)の3行だけにして基本ATM無料のキャッシュカードのみ持ち歩くようにしました。

 

通帳は4つに分けなさい―資金繰り上手な社長が使っている究極のお金管理法

通帳は4つに分けなさい―資金繰り上手な社長が使っている究極のお金管理法

 

 

FeliCaから逸れましたが、財布の中のカードが増えすぎて困る…という方は多いはず。FeliCa系が4枚から2枚に減らせること、ポイントカードを絞ることで少しでも減るといいかななんて思います。

今後NFCが日本でもより身近になっていくのかも楽しみなところです。