読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOB CHANNEL

ネットの片隅のヒトリゴト。

縛られるのはもうイヤ!「FREETEL」という選択肢

f:id:mob-channel:20151124190716j:plain

 auを使い始めて3年が経ったらしい。これまでDoCoMo、au、docomo、SoftBank、auと一通り渡ってきた。そしてMNPでの移動は2回ほど行いました。どちらも2年縛られている間に違約金を払って、という形。まあ「支払ってでも移動したい!」と思うそれだけの理由があったわけなのですが。

 

mob-channel.hateblo.jp

 

亀甲縛り 赤いロープ シルクロープ 10m

Amazon | 亀甲縛り 赤いロープ シルクロープ 10m

 しかしやはり2年縛りというのはね。最初の2年は仕方ないと思う、でも2年以降もまた2年後でないと…ってのはどうなのかなと。そして長く使っている人ではなくMNPで転々としている人の方がお得に使っていけるという「とても素晴らしい制度」が普通になっている現実。そして縛りが解けたとしてもロックされているスマホ。もうそんなのイヤだなと。2年縛りとSIMロックについては総務省のデータを見ると面白いです。それと縄の使い過ぎには注意です。

 

私、もう縛られるのはイヤなの…

f:id:mob-channel:20151124121753j:plain

FREETEL FT142F-simple 特長|機種一覧|FREETEL(フリーテル)

 購読ブログきっと明日はいい日になるっ id:dovoltagaさん「FREETEL」という存在を知った。まあ最初はサービスというよりあの小さな携帯電話に興味を持ったわけだが。そこから料金形態などを知るうちに「auでいるメリットってもう少なくなっていくのかも…。」と思うようになった。そもそも「iPhone」というものに魅力を感じなくなってきている部分もあるんだろうけど。

 

www.chml-iwbht.net

 

 

低従量プランで誰でもスマホが持てる

f:id:mob-channel:20151124123029j:plain

料金|FREETEL SIM|FREETEL(フリーテル)

 「FREETEL」のいいところはまず「縛り」がない。その上で料金もとてもユーザーに優しい区分になっている。「普段そんなに通話もデータ利用もほとんど使わないんだけど持っていたい」というユーザーでも使っていける100MBまでのプラン。私のように外ではブラウザで調べもの程度というユーザーでもあんしんな1GBプラン。このような他にない低従量プランがあるというのが素敵だと思う。今までなぜ大手はこれをしてこなかったのか。それは過半数の人がそっちのプランに逃げて儲からなくなるからなわけですよ。

 そもそも電話はかけない。データ通信もブラウザを使う、LINE、メール程度。だけどiPhoneが欲しかった。でもiPhoneは5cで充分だし、これ以上大きいiPhoneには興味はない。音楽プレイヤーとしてならずーっと使っていける。となるともう次のスマホがiPhoneである必要はなくなった、と。そう、連絡ができる最低限のスマホがあればいい…それがFREETELで叶うのではないかと。

 

FREETEL「Priori 3」購入の場合

f:id:mob-channel:20151124152159j:plain

FREETEL Priori3 LTE 特長|機種一覧|FREETEL(フリーテル)

 現在FREETELでの廉価モデルは12,800円(税別)の「Priori 3」というモデル。このモデルを2年間使用し続けた場合のトータルコストを出して今のコストと比較してみる。

  • 本体価格:12,800円
  • 通話通信料:音声通話付(〜1GB)1,199円×24ヶ月=28,776円
  • 本体保証:300円×24ヶ月=7,200円
  • SIM発行手数料:3,000円

 合計で51,776円(税別)になる。ちなみに保証は月額支払いの場合は2回故障で交換等がないかぎり払い続ければ保証は続くとのこと。一括で4,000円支払いの場合は24ヶ月までの保証。先程の合計をその一括4,000円に入れ替えると48,576円。

 

 

au「iPhone6S 64GB」購入の場合

f:id:mob-channel:20150912205751j:plain

iPhone - Apple(日本)

au(iPhone6S )の場合はどうなるだろう。

  • 本体価格:38,640円(実質負担額 機種代金は97,080円)
  • 通話通信料:カケホ+データ定額2+LTE NET(6,500円)
    ×24ヶ月=156,000円
  • 本体保証:AppleCare+ 14,800円
  • スマートバリュー:-934円×24ヶ月=-22,416円

 合計で187,024円(税別)。キャンペーン中の下取りを利用すればここから16,000円(iPhone5cの場合)安くなる。それでも結構かかるんだね。

 

 

au「iPhone5c 32GB」継続使用の場合

f:id:mob-channel:20151124155349j:plain

そして最後にauのままiPhone 5cを継続して使うとするとこうなる。

  • 通話通信料:カケホ+データ定額2+LTE NET(6,500円)
    ×24ヶ月=156,000円
  • スマートバリュー:-934円×24ヶ月=-22,416円

 合計133,584円(税別)。こうやって数字を出していくと恐ろしくなってくる。縛りの違約金を支払うのがイヤで待っている期間の支払いを考えると違約金を払ってしまった方がいい場合もありそう(特に本体代金の支払いが終わっている場合。)ですね…私の場合それかもしれないです。

 

タイミングよく新機種発表

f:id:mob-channel:20151124191144j:plain

FREETEL KATANA01 特長|機種一覧|FREETEL(フリーテル)

 こんなに差が出るものなのか…まずはそれにびっくりしました。そしてこの記事を書いている最中にWindows10をOSとするFREETELの新機種が発表に。なんというタイミングだろう…。Windowsフォンというのも面白そうですよね。なんにせよもう少ししっかりと調べてみようかと思います。

 

格安SIMがまるごとわかる本 (100%ムックシリーズ)

格安SIMがまるごとわかる本 (100%ムックシリーズ)

 
格安 SIM&スマホ 100%入門ガイド (100%ガイド)

格安 SIM&スマホ 100%入門ガイド (100%ガイド)