MOB CHANNEL

ネットの片隅のヒトリゴト。

燃料電池車実現へ向けて環境に優しい技術。

f:id:mob-channel:20150529200532j:plain

未だ「燃費悪いし水素を作るのに結局CO2が出るんでしょ?」と環境への疑問が絶えない燃料電池車ですが、理化学研究所から太陽光エネルギーを水素化する重要な技術が発表されました。

 

 

 

 

f:id:mob-channel:20150529200541j:plain

太陽光エネルギーを水素へ高効率に変換 | 理化学研究所

今まで太陽光発電で得られたエネルギーの貯蔵というのは一番のネックになってきました。蓄電池が高かったり、たとえ貯めることができても少量であったり放電されてしまったり。それを水素で貯蔵しようというのがこの技術です。水素で貯蔵することの利点は「気体であるため軽く、大量に貯めることができる」「長期間保存しても電池のようにエネルギーが減ることがない」「使用時に排出されるのは水だけ」というもの。

 

 

 

f:id:mob-channel:20150501150056j:plain

技術的に興味のある方はリンク先を見てもらうとして。この技術で大きいのは太陽光発電でのエネルギーを「売電」するだけでなく「水素化して貯蔵」できるようになること。それによって燃料電池車への水素供給が「環境に優しいカタチ」でできるようになりそうなこと。今後エネルギー変換効率が上がっていけば化石燃料から脱することもできるようになるかもしれません…というのは夢物語なのかな?

 

 

f:id:mob-channel:20150529200556j:plain

太陽電池は日々進化している。それでもそれを貯蔵する電池の進化は追い付いてこなかった。ずっと気になってたことが解決されそうです。それでもFCVやEVには電池の技術はとても重要なもの。どんどん小型化高効率化を進めてもらわなくては…。家庭にも太陽光発電システムと燃料電池がセットで備え付けられる、そんな時代が来るのかもしれません(エネファームはガスからなので除外)。原子力発電なんて人の手に負えないものから早く脱却したいものです…。

 

Panasonic eneloop 単3形 4本付急速充電器セット K-KJ21MCC40

Panasonic eneloop 単3形 4本付急速充電器セット K-KJ21MCC40