MOB CHANNEL

ネットの片隅のヒトリゴト。

12月14日のAmazonのPS4 15%OFFは瞬殺、だけど。

PlayStation4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH1100AB02)

先日、AmazonでPS4の15%OFFセールが行われました。40,000円弱の価格設定なので、だいたい6,000円安くなる計算。これはかなり大きめなのかなと思いました。予想通り瞬殺で、2回用意された機会も一瞬でなくなったとか。

 

でもこれも転売目的や中国の人達の買い付けなんじゃないかと…。6,000円安ければ多少手間がかかっても転売で儲けられるし、ようやく中国上陸したPS4ですが日本に比べたら高い価格設定なので日本で購入する人も多いし、それを中国国内で転売する人も多そう。結局日本でのユーザー数は増えないという、売れるけど増えない不思議な現象が生まれるだけになりそう。

 

もしこれで実際にユーザー数が増えたのならソニーは値引きという売れる為の明確な手段をとりやすくなる。でも多分本当に長く使いたいユーザーはモデルチェンジ後を狙って来ると思うので安易に値引きはできないと思うし。モデルチェンジももう少し時間がかかりそうな雰囲気…。来年末がPS4の勝負時なのかな。

 

 

 

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ライムグリーン/ホワイト (PCH-2000ZA13)

少しだけ勢いが出てきたな、というのがPSvita。スクウェアの名作サガシリーズの新作が発表されたり、バイオのリベレーション2もあるし、ソフトの数もかなり増えてきた。その8割がADVだというのはちょっと寂しいですが…。でもスクウェア・エニックスがサガシリーズを出してくるということはその後も他メーカー含めそれなりのタイトルを移植なり新作なりで出してくるということなのかなと勘ぐったり。今作りやすいハードでそれなりに性能があってとなるとPS3かPSvitaということになってくるのかな。3DSはNew3DSがほぼPSvitaと性能が変わらない所まできているらしいので、そちらをメインにソフト作りができれば面白そうだけど、3DSユーザーを切り捨てることができるかが問題なのかな。

 

2015年は業界全体が動きそうな気がします。来年はゲーム業界がワクワクしてくれますように。